山陽道を歩く(防府・小郡) 下見 戻る  TOP

ルートマップ 
実施日 2018・10・15 更新日 2018・10・20
宇部ウォーキング協会が「山陽道を歩く(防府・小郡)」の下見が行われることになりました。山陽道の徳山・下関間を数度に分けてウォーキングすることの調査を行っており、これが2回目です。 このマークのある写真はマウスを置くと別の写真がでます。
今回は最初に山頭火の小道を歩いて、その後で山陽道を歩くことにしました。宮市町の山陽道を防府天満宮方向に進みます。      山頭火ふるさと館に寄ることにしましたが、まだ開館していませんでしたので、山頭火の小道を歩くことにしました。ふるさと館の横からです。
山頭火の小道は山陽道とほぼ平行な裏道です。西に進みます。案内板は こちら       山頭火の小道は小さな溝の側や、 軒下道等懐かしい感じがします。
山頭火の生家跡です。案内板は こちら 今市町に出て、山陽道を進みます。
萩往還と分かれて山陽道を来ました。県道54号線を越えて進みます。 泉町を西に進みます。 道の側の花にアサギマダラが1匹飛んでいました。
三叉路に一宮社、荒神社と書かれた神社があります。その前を左に進みます。 佐波川まで来ました。佐波川の河川敷に降りて下流に向け1.1km位進みます。 上流には右田岳や西目山が見えます。
大崎橋を渡り右岸に出ます。 左手に大海山等が見えます。 山陽自動車道・国道2号線の下を通り、左方向に進みます。 山陽道は右岸の道を少し進みトンネルを通りますが、玉の祖神社に寄ります。
玉の祖(たまのおや)神社は地方官が祀る神社で、国幣中社だそうです。周防国領主大内義興が周防国内の5社に戦勝報告した一宮になります。 山道を通り、玉の祖神社に寄ります。 左手に猿田彦大神があります。この辺りでは珍しいかな?     
拝殿で今日の無事を願いました。由緒は こちら 神社を出て西に進んだ所に向山古墳群がありました。
  案内板です。
西に進んで行くと妙見社の灯篭が左手に一つあります。 道標に「一里塚跡」とあります。「小瀬川から十九里 赤間関より迄十七里」と書かれてます。
西が原下池が右手に見えます。その周囲を回る道に入ります。 少し行くと左手の山への道に入ります。      
佐野峠に向けて上って行きます。   坂の中程に標識がありました。 ここは展望所で籠立て場があった所です。  石碑があります。案内板は こちら  ここで昼食を取り、佐野峠を進みます。
峠への道は20年前は殆ど通れませんでしたが、今は整備されて、小さな川も石橋が作られています。   二つ目の石橋 高速道路の下を進みます。
岩淵地区に入った処に周防三孝女 石川阿石の碑がありました。 岩淵の町を進んで横曽根川まで来ました。ここから先は国道2号線がありますので迂回します。
迂回した道から山陽道に戻り進みます。県道25号線を越えて西に進んで行きます。 県道を越えた所に山口道への道標があります。 大道市に入ります。右手に市えびす井戸があります。
大道市を進みます。 右手に厳島六社大明神がありました。
国道2号線に出た所に山口大神宮遥拝所跡 があります。ここは大道一里塚跡だった様です。 2号線を進んで国木峠を越えた所から左に入ります。
国道を渡り長沢地区に入ります、右手に津山神社があります。 長沢池です。水はありません。田んぼ水が要らなくなると水を抜くそうです。湖底がこんなに綺麗とは知りませんでした。
国道を渡り山陽道を進みます。踏切を渡って行きます。この踏切は「札場」踏切です。この辺に札場があった名残です。 丁石地蔵です。山陽道はこの辺りは大きく迂回しています。想像ですが昔は国道や線路の部分も池だったのではないのでしょうか?
国道を少し進み、左の旧国道に入り、更にここで左に入ります。 この道に入り直進し、旧国道に出るのが山陽道になりますが、現在は通れませんので、手前で迂回し、旧国道に出ます。
旧国道に出て、四辻駅前を西に進みます。右手に秋葉大明神の石碑があります。この地区には珍しいですね。 春日神社の一の鳥居の手前に、立石があります。謂れは良く分からないそうですが、ここの地名になった石だそうです。 立石です。
国道と合流した所で国道を渡り、円覚寺前の道に入ります。 さらに進むと左手に恵比寿社があります。ここは秋穂・山口の秋穂街道が合流する場所です。 恵比寿社
百谷川に架かる橋本橋を渡ります。 川の側にえびす社とお堂がありました。 少し進んだ右手に艫綱の森があります。 
日吉神社の前を西に進みます。県道335号線に出て、直ぐに右折して旧道に張ります。 丸尾地区の溜池の側を通り、小郡を目指します。 池には浮き草が花を付けていました。
椹野川の手前に一里塚跡があります。小瀬川まで22里、赤間関迄14里 と書かれていました。 道標 東津地区を進み、山口線を越えて行きます。
田町で石見街道と交差します。角に「左 萩 山口 石見」、「右 京、江戸」とあります。 山陽道を進み、本気つのゴール地点に到着しました。歩行距離は23.0km、所要時間は 6時間39分 でした。

戻る  TOP   ルートマップ 
inserted by FC2 system