最新更新日 2017・03・20

   戻る

75歳の手習い
 未だ進んでいません。5年間何も描いていません。ごめんなさい!

これまで絵など描いたことのない68歳の爺さんが絵手紙を見て、「これなら俺にも出来る?」と思い、絵を描くことに挑戦することにしました。 「絵手紙とは違ったものにしたい」が、「大きさは1号」にこだわると言うことで初めてみました。子供が使っていた風邪をひいた絵の具と道具を使用して描き始めました。描き方や色使いは全く我流で、独学で始めました(2006年10月吉日開始)。心ある方はぜひご指導ください。描いたすべてをここに記録として掲載してみたいと思います。色々と変化して行くことだろうと思います。 良く云われますが、「絵は心、気持ちを描くのだ」と・・・なかなかできましぇーん。
物と物、色と色との境には必ず黒い線が存在すると誰かが言われました。確かに見ると黒い線が存在するように思えます。実際には線を細く描くことが出来ませんので邪魔くさい感じはしますが、暫く忠実に実行してみます。黒い線は全て書道墨を使用しています。
先日画材屋に絵の具を買いにいきました。水彩画の絵の具には不透明色と透明色があるのを始めて知りました。早速両方の固形絵の具を買いました。固形を買ったのは子供の古い絵の具が固まってしまって、その絵の具で描き始めたので何となく固形に慣れていたから?
これまでに一度白色を使用したのですが、色を薄めるのに水を使わず白色を使ったところ、何となく変な感じがしていました。白色は全て不透明色であると図書館で借りた本に書いてありました。不透明な色は何時使うのかしら?
分からないことばかりですが兎に角、続けてみます。ご覧になられた方で「この下手くそに教えてやろうか」と思われた方は掲示板に記載してご指導ください。
目次
1ページ 2ページ 3ページ 4ページ 5ページ
6ページ 7ページ 8ページ 9ページ 10ページ
11ページ 12ページ 13ページ 14ページ 15ページ
テスト
16ページ 17ページ 18ページ 19ページ
掲示板 事務局便り ページの先頭
関連URL
大分県の石橋めぐり 山口県の橋 江の川にかかる橋
TOPへ(マコ爺さんのHP) 海にかかる橋 お達者クラブのゴルフの話
inserted by FC2 system