1号の水彩画
   その5

TOP    前の絵手紙   次の絵手紙  戻る

25
26
最初に描いたすずめの絵です。少し足が短くなりました。上から描いていたら、下がもう土俵際でした。少し短く描きました。直ぐばれます。 完熟したトマトがぶら下っているところです。トマトか何か分からないですね。どんなに見てもそれだと分かるように描きたいものです。
27
28
熊本県の旧矢部町(今は?)の通潤橋です。これは水路橋で右側の2km先に円形分水装置があり、そこから分けられた水がこの橋の上を通って左側の農地に使われます。現役です。 耶馬溪と言えば青の洞門と渓谷が有名ですが直ぐそばの山国川に架かる日本一長い石橋です。耶馬溪橋を描きました。水が澄んでいるように描くのはどうすれば良いのでしょうか?
29
30
キャベツを描いた積もりです。最初の時期に描いたものです。 なすび??難しいですね。キャベツの翌日に描いたものです。

TOP    前の絵手紙   次の絵手紙   戻る   ページの先頭
inserted by FC2 system